スマートフォンの方はこちら                     近江眼科・大阪市西区・斜視・弱視・小児眼科・神経眼科・レーザー手術・白内障・一般眼科


2024年1月9日(火)現在 次の臨時休診の予定はありません。

 

【診察日時変更のお知らせ】

2024年1月より診察日時を下記のように変更いたします

【2024年1月よりの診察日時】


午後診は14:30~17:30となります。

第三月曜日及び月曜午後の休診はなくなります。

毎週金曜日は休診日となります。

お間違えの無いようにお願いいたします。


【患者さんへのお願い】
(2023年5月8日以降も 当面の間引き続きご協力をお願いいたします。)

マスクの着用をお願い致します

・入り口に設置してあるアルコールで手指消毒をお願い致します


当院では、スタッフ一同体調管理に留意するとともに、院内消毒の強化をいたしております。

ご迷惑をお掛けする事もありますが、何卒ご理解頂きますようお願い致します。

感染拡大防止のための皆様のご協力をお願い致します。



 

花粉症(花粉性結膜炎)の患者さんは増加傾向にあり、最近では全国で約2,000万人いるといわれています。

原因としては、春先に発生するスギ花粉が有名ですが、この他、年間を通じていろんな植物の花粉が原因として挙げられます。

症状としては『かゆみ』が最も代表的なもので、『異物感』や『流涙』『目ヤニ』もよく見られる症状です。

花粉が目や鼻に入り込まないようにすることは花粉症の予防法として重要です。

メガネには多少の防塵作用はありますが、花粉症用に特別に作られたゴーグル状のものなどを使うとより効果的です。

何年もの間、花粉性結膜炎を繰り返している方の場合は、花粉が飛び始める少し前から、抗アレルギー点眼薬を予防の意味で使うことも有効です。

治療法はいろいろありますが、まず眼科専門医で適切な診察と正しい治療をお受けになることをお勧めします。

 

 

 

 

 
 
 
スマートフォン用
診察時間や休診情報

 

 


・斜視・弱視・小児眼科・神経眼科・レーザー手術・白内障・一般眼科

無断転載禁止
近江眼科クリニック
〒560-0002 大阪市西区江戸堀1-24-18   TEL 06-6443-4412